講座・ゼミ・シンポジウム情報

   



信じること、生きること
人間の弱さを見つめて


輝く、成長する、成功する、活躍する、リーダーになる。
今、社会の中にはそんな強い言葉があふれています。
つねに前向きに生きたい・生きなければと思いながら、しかし人生は長く、そうはいられない時が必ずあることを、私たちは知っています。
立ち止まる、悩む、病む、老いる、黙する、涙する。
転んで初めて目に入った小さな花を敬し、信じ、愛おしむような、「弱さ」のもつの豊かさを見つめていきます。

 


第1回:ドリアン助川
「本当に豊かになるために~積極的感受という生き方」(終了しました)
5月26日(土)14:00〜16:30

 

第2回:山内明美
「米をつくる話~私と東北と世界」
10月27日(土)14:00〜16:30

 

第3回:辻信一×鎌田東二
「スローライフ、スローデス〜ローカル時代の死生観」
12月15日(土)14:00〜16:30


ダウンロード
この講座のチラシのダウンロードはこちらから
shinjiru.pdf
PDFファイル 11.3 MB


世界は魔法で満ちている!
聖と怪のファンタジー


魔法は、西洋由来の童話に限らず、私たちの生きる世界に満ちています。古今東西、超人 的で不思議なことを行う魔術であり、妖術である魔法。その聖と怪のちからは、一体どのようなものなのか。日本、ヨーロッパ、アフリカを中心に世界の魔法を探究してゆきます。

 



ダウンロード
この講座のチラシのダウンロードはこちらから
mahou.pdf
PDFファイル 14.4 MB


身体と霊性 Ⅱ


身体は宇宙大のスケールを持ち、多くのナゾに満ちています。

人類はそんな身体をめぐって、さまざまな思想や哲学、

身体技法を生み出してきました。

自分の身体を知ることは宇宙の摂理を知ることに繋がります。

先達たちの話に耳を傾け、実際に身体を動かしながら

探究を深めていきます。

 



ダウンロード
この講座のチラシのダウンロードはこちらから
shintai.pdf
PDFファイル 14.4 MB


宗教ってなに?Ⅲ


現代における宗教の意義が問われて久しく、日本では3.11を機に宗教が社会で果たす役割も変化しています。

宗教をかかげた戦争やテロの不安が世界をおおういまだからこそ、改めて宗教や信仰の成り立ちから現在までを見る視点が必要です。

その道しるべを見つけ、さらに宗教の持つ豊かな精神性に

目を向けて、人類と世界の根源を探っていきます。



特別講座など


2018年の「いま」を考える、単発の3講座です。

 


ダウンロード
この講座のチラシのダウンロードはこちらから
shiomi.pdf
PDFファイル 1.0 MB




設立20周年企画


東京自由大学は2018年に設立20周年を迎えました。
さらなる「自由」を目指し、視野を広げ、知的好奇心を刺激する講座を企画しました。

 


ダウンロード
この講座のチラシのダウンロードはこちらから
watanabe.pdf
PDFファイル 36.1 MB

第2回:追悼シンポジウム

「石牟礼道子 死者と魂」

遠藤邦夫/吉永理巳子/金井景子/若松英輔

島薗進/鎌田東二
12月23日(日)13:00〜17:30



ゼミ


ひとつのテーマを、数回にわたって掘り下げていきます。

各研究の第一人者の講義が身近で聴ける、贅沢な機会です。


ダウンロード
この講座のチラシのダウンロードはこちらから
shimazono.pdf
PDFファイル 287.7 KB