NEWS

講座等の変更事項、開催された講座のご報告、関連するイベント情報などをお知らせします。



2019/9/22 NEW!
天空教室第2講:龍吟雲起3『狂天慟地』を詠う夕べ


当NPOの名誉理事長、鎌田東二先生の第三詩集『狂天慟地』の刊行記念イベントが、鎌倉の円覚寺で開催されます。ぜひご参加ください。

 

日時:2019年11⽉15日(金)18:00~21:00(開場17:30)
場所:北鎌倉円覚寺塔頭龍隠庵(鎌倉市山内450)
参加費:3000円
企画・運営:天空教室・石毛教子

 

momo36jindon@htk.ne.jpメールにて、お申込み下さい。
件名に「天空教室」と銘記して頂き、氏名、連絡可能な電話番号をご記入の上お申込み下さい。



2019/9/22
【書籍化情報】


東京自由大学で2018年3月に開催した広井良典ゼミが書籍化され、『人口減少社会のデザイン』(東洋経済新報社)として刊行されました。
発売と同時にアマゾンでベストセラー1位になっています。ぜひご高覧ください! 
https://www.amazon.co.jp/dp/4492396470



2019/9/10 
彩蘭弥展 祈りを旅する


研究員で日本画家の彩蘭弥さんの個展が始まります。
ブータンと京都に長期滞在してまなんだ仏教の世界を、オリジナリティー豊かな視点で描いた作品や、シルクロードの文化が濃厚な祇園祭の多様性を見つめた作品(第54回昭和会展入選作)、神仏習合のあらわれを雄大な自然と共に描き切った富士山シリーズなど、彩蘭弥さんの「祈りを旅する」ライフワークを堪能できます。
今回は京都で修業した水墨画や截金の技術も使いながら、和紙に岩絵具、金箔や銀箔、金泥を用い、画材は全て日本画で制作されています。
彩蘭弥さんは毎日在廊されます。見る人を幸福感でいっぱいにする作品を前に、本人から直接、作品にまつわる旅のお話を伺うことができます。
奇想天外な発想と、大自然やほとけのエネルギーに満ち溢れた彩蘭弥さんの個展に、ぜひお出かけください!

 

会場:藤屋画廊
http://fujiyagallery.main.jp/index.html

会期:2019年9月17日(火)〜28日(土) 
時間:12:00〜19:00 (最終日は17:00まで)
入場:無料
彩蘭弥HP:https://chacha-portfolio.weebly.com



2019/9/2 
『グリーフケアの時代――「喪失の悲しみ」に寄り添う』(弘文堂)の刊行


島薗進学長、鎌田東二名誉理事長、佐久間庸和顧問の共著による新刊『グリーフケアの時代――「喪失の悲しみ」に寄り添う』(弘文堂)が刊行されました。大切な人を失った人たちと、その悲しみを癒やしたいと願う人たちに捧げる、鎮魂のためのテキストブックです。詳細とご購入は、下記HPをご覧ください。
https://www.koubundou.co.jp/book/b458279.html



2019/8/20
2019年 マコンデ族ナジャ公演(8月-11月)


今年もモザンビークよりマコンデ族ミュージシャンのナジャさんが来日し、榎本恵さんと共に全国で公演をおこないます。各地での公演スケジュールは、下記リンク先をご覧ください。
https://www.tsunagukai.com/information/makonde



2019/7/25 
都市美 創刊第1号の発行


名古屋造形大学から『都市美 創刊第1号』が発行されました。
創刊特集「コミュニティ権 新しい希望」に、本NPOの島薗進学長が寄稿、大澤真幸顧問が木村草太さん・山本理顕さんと鼎談しています。また、「LOCAL REPUBLIC AWARD」の取組については、本NPOに登壇している陣内秀信さんや広井良典さんが紹介しています。編集には今井章博理事が携わりました。
http://sayusha.com/catalog/p9785865282436c0030



2019/7/9 
【展示】渦巻の大宇宙
-ユーロ=アジア文明をつらぬく生命デザイン-


顧問の鶴岡真弓先生が所長を務めるIAA(多摩美術大学芸術人類学研究所)企画・主催の展示「渦巻の大宇宙-ユーロ=アジア文明をつらぬく生命デザイン-」が多摩美術大学八王子図書館・アーケードギャラリーで開催中です。
期間:6月28日〜7月14日



2019/6/13
NHK出版 学びのきほん ムック
6月25日発売


2020年3月14日に東京自由大学にご登壇いただく藤田一照先生、安田登先生の著書が2019年6月25日に発売されます。
NHK出版 学びのきほん『ブッダが教える愉快な生き方』藤田 一照 (著)
NHK出版 学びのきほん『役に立つ古典』安田 登 (著)



2019/5/13
加藤之晴(当NPO理事)がベスト・ティーチング賞を受賞しました!


理事で宗教人類学者の加藤之晴が、駒澤大学の平成30年度ベスト・ティーチング賞を受賞しました! 本賞は駒澤大学の学生による投票で選ばれ、加藤は平成29年度に続いての快挙となります。
受賞科目「日本の文化と社会」は、文化人類学の理論を用い、「日本」のなかにある様々な「文化」を俎上にのせて考察を進める講義です。 加藤の専門であるシャーマニズム研究や、各地でのフィールドワークの成果も盛り込まれ、「単一文化」「単一民族」といった言葉で括られがちな日本社会には、じつに多様な文化のかたちがあり、そこには様々な価値観・世界観を持った人々が暮らしていることを明らかにしています。ポップで作り込まれたパワーポイントも、高い評価を得ています。 東京自由大学でも加藤の講義は分かりやすくて奥深いと定評があります。次回の講義を楽しみにお待ちください。
https://www.komazawa-u.ac.jp/about/fd/fd-action/BTA/BTA2018-Winner.html



2019/3/20 
目黒不動尊にて開催した講座でお寄せいただいた寄付金につきまして


2019年3月2日に目黒不動尊で開催いたしました「〈身〉になる話」(講師:藤田一照先生×藤本靖先生×瀧口康道先生)では、受講者のみなさまに東北支援のためのご寄付をお願いいたしました。その際お寄せいただきましたお志のうち、必要経費を差し引いた100,000円を、昨年にひきつづき東日本復興支援センターNPO法人サンガ岩手に寄付いたしましたことを、みなさまへの感謝とともにご報告いたします。

ありがとうございました。

今後も、東京自由大学では、東北に心を寄せていきたいと思っております。みなさまのご参加をお待ちしております。

サンガ岩手では、被災地の視察、学校団体のボランティア、藍染め作業体験のボランティアなども募集しています。ぜひHPをご覧ください。

サンガ岩手 http://sangaiwate.org/index.html



2019/3/20 
訃報 阿部珠理先生


顧問の阿部珠理先生が、3月12日に逝去されました。長年にわたる東京自由大学への惜しみないご尽力に御礼申し上げますと共に、心よりご冥福をお祈りいたします。



2019/2/8

鎌田東二 初詩集「常世の時軸」一人唱(ワンマンショー)
『龍吟雲起』〜常世の時軸からの呼び声〜
開催のお知らせ


 当NPOの名誉理事長、鎌田東二先生の初詩集「常世の時軸」の一人唱(ワンマンショー)が鎌倉の円覚寺で開催されます。ぜひご参加ください。


⽇時: 2019 年4 ⽉19 ⽇(金) (開場18時)18:30開始

場所:北鎌倉円覚寺塔頭龍隠庵(鎌倉市山内450)MAP

参加費:3000 円
企画・運営:侘寂菜花筵(わさびなかふぇ)

momo36jindon@htk.ne.jp メールにて、お申込み下さい。
件名に「常世の時軸」と銘記して頂き、氏名、連絡可能な電話番号をご記入の上お申込み下さい。



2018/10/30 
鏡リュウジ氏と加藤之晴(当NPO理事)が
対談しました!


本年6月の講座で鏡リュウジ氏にご登壇いただいたことをきっかけに、宗教人類学者である当NPO理事の加藤之晴が、鏡氏と対談する機会をいただきました。

シャーマンの類型について、現代のシャーマンについて、熱く語り合っています。ぜひご一読ください。

鏡リュウジ公式サイト BETWEEN THE WORLD
オカ研File No.47
「シャーマンの脱魂型と憑依型の二分類を考える」1〜3
https://ryuji.tv/okaken/?id=100



2018/10/30 
金大偉
音と映像によるコンサート2018
「天地色彩」開催のお知らせ


当NPOともゆかりの深い金大偉さんのコンサート「天地色彩:The Color Of Sky And Earth」が、12月5日、座・高円寺にて開催されます。きわめて優れた映像作家であるのみならず、ミュージシャン、美術家としても活躍するアーティストによる総合芸術の舞台を、ぜひご体感ください。

 

⽇時: 2018 年12月5 ⽇(水) 18:30開演(開場18:00)

場所:座・高円寺 ホール2 MAP

チケット:前売り4000円/当日4500円(全席自由)

 

★詳細・お申込は、こちらをごらんください。
https://taiiproject.jimdofree.com/?fbclid=IwAR0v0j-hIEZmFsrtKOb0w1riKs_X5088BJZ4SdeRmPZIMVpcFTbtbDwpaCk

 



2018/10/8 
シンポジウム「悲と愛のアート ケアを支えるもの」開催のお知らせ


 

11月11日(日)に、上智大学四谷キャンパスにて、シンポジウム「悲と愛のアート ケアを支えるもの」を開催いたします。
当NPO顧問の若松英輔先生や、学長の島薗進先生、前理事長の鎌田東二先生も登壇いたします。ぜひお越しください。


⽇時: 2018 年11 ⽉11 ⽇(⽇) (開場13:30)14 時〜18 時

場所:上智⼤学 6 号館 101 室(ホール)MAP

参加費:1500 円

   (グリーフケア研究所講座受講⽣・学⽣・東京⾃由⼤学会員:1000 円)

 

●基調講演① 「菩薩像と悲のこころ」⾦⼦啓明(⽇本⼤学芸術学部客員教授)

●基調講演② 「悲しみと霊性と詩」若松英輔(批評家・随筆家)

●パネルディスカッション

 司会:島薗進(上智⼤学⼤学院実践宗教学研究科研究科⻑・教授、

        同グリーフケア研究所所⻑/NPO法人東京自由大学学長)

 発題:「⾳楽とスピリチュアルケア」

      ⾥村⽣英(ミュージック・サナトロジー実践修⾏者)

    「悲と愛のアート」

      鎌⽥東⼆(上智⼤学グリーフケア研究所特任教授、京都⼤学名誉教授)

 討議:⾥村⽣英、若松英輔、鎌⽥東⼆

 

 

★詳細・お申込は、新日本研究所のHPをごらんください。
http://www.shinnihonkenkyusho.com/?p=287

 



2018/10/4  
『トイビト』に当NPOの理事長と運営委員長のインタビューが掲載されました。


 
もう一度学び直したい大人のためのポータルサイト『トイビト』に、「問いを育む大人の寺子屋」というタイトルで、当NPOの理事長・宮山と運営委員長・辻のインタビューが掲載されました。

設立のきっかけから講座企画の心構え、今後の目標まで語っています。
ぜひご一読ください!

https://www.toibito.com/course_interview/1311



2018/8/30 

世直し講座「半農半X2018」中止のお知らせ


 

台風接近のため中止いたしました7月28日の塩見直紀先生の講座「半農半X2018:出版から15年の変化と未来」は、先生がご多忙のため日程の再調整が叶わず、本年度は中止となりました。来年度以降に再度、開催を検討いたします。

悪しからずご了承いただきたく、お願い申し上げます。



2018/7/27

世直し講座「半農半X2018」延期のお知らせ


 

7月28日に開催を予定しておりました塩見直紀先生による講座「半農半X2018:出版から15年の変化と未来」は、台風12号の接近のため中止いたします。


あらためて日程を調整中です。決まり次第、HP、SNS等でお知らせいたします。



2018/7/5 

石牟礼道子さん追悼シンポジウム、開催決定!


東京自由大学では、上智大学グリーフ研究所と共催で、本年2月に亡くなられた石牟礼道子さんを偲び、追悼シンポジウム「石牟礼道子 死者と魂」を開催いたします。
……………………………………………………………………………………………

日時:2018年12月23日(日)13時〜17時30分(予定)

場所:上智大学10号館1階講堂

受講料:一般2500円

    上智大学グリーフケア人材養成講座受講生・東京自由大学会員1500円   

    学生1000円

 

第1部:講演

 遠藤邦夫(水俣病センター・相思社元常務理事)

 吉永理巳子(水俣病資料館語り部の会副会長)

 金井景子(早稲田大学教育学部教授)

 若松英輔(批評家)

 

第2部:シンポジウム

 第1部の登壇者の方々

 島薗進(上智大学グリーフケア研究所所長・東京自由大学学長)

 鎌田東二(上智大学グリーフケア研究所特任教授・東京自由大学前理事長)

 ※第2部の冒頭に、映画『花の億土』のダイジェスト版を上映し、金大偉監督にもコメントをいただきます。

……………………………………………………………………………………………………

詳細・申込方法・申込開始日時などにつきましては、決まり次第、本HPにてお知らせいたします。



2018/5/30 

鶴岡真弓先生が、河合隼雄学芸賞を受賞しました!


東京自由大学の顧問を務めてくださっているケルト研究の第一人者・鶴岡真弓先生が、このたび『ケルト 再生の思想:ハロウィンからの生命循環』で第6回河合隼雄学芸賞を受賞なさいました。本書は、2016年12月10日に鶴岡先生をお迎えして開催した講座「ケルトの【再生】信仰と【万霊節】」を契機のひとつとして上梓されたものです。
日本でも近年恒例となった感のある「ハロウィン」は、実は多くの死者がエネルギーを与えてくれる、あの世とこの世の交歓の日でした。生命の営みを、生から死という直線として捉えるのではなく、死から始まるエネルギーの充溢と衰耗という循環として捉えるケルトの思想。この機会にぜひご一読ください。
 



2018/5/12 

藤田一照先生と中野民夫先生の講座でお寄せいただいた寄付金について。


2018年3月3日に目黒不動尊で開催いたしました「楽しい修行〜アップデートする仏教と社会」(講師:藤田一照先生×中野民夫先生)では、受講者のみなさまに東北支援のためのご寄付をお願いいたしました。その際お寄せいただきましたお志118,613円を、昨年にひきつづき東日本復興支援センターNPO法人サンガ岩手に寄付いたしましたことを、みなさまへの感謝とともにご報告いたします。

ありがとうございました。
今後も、東京自由大学では、東北に心を寄せていきたいと思っております。みなさまのご参加をお待ちしております。

サンガ岩手では、被災地の視察、学校団体のボランティア、藍染め作業体験のボランティアなども募集しています。ぜひHPをご覧ください。
サンガ岩手 
http://sangaiwate.org/index.html



2018/4/6 

島薗進ゼミ「神道はどのように生き延びてきたか?」の第3回の日程が変更になりました。


東京自由大学学長である島薗進先生の2018年度のゼミ「神道はどのように生き延びてきたか?」(全3回)の3回目の日程が、7月14日(土)から7月7日(土)に変更になりました。
開催時間・開催会場に変更はありません。
講座の詳細は講座ページをご覧ください。


2018/1/24 

藤田一照×中野民夫「楽しい修行」の開講時間と受講料が変更になりました。



3月3日開催の藤田一照師×中野民夫氏「楽しい修行〜アップデートする仏教と社会」は、講座の前に目黒不動尊の境内をご案内いただけることになったため、開講時間が14:00から13:30に変更になりました(受付開始は13:00より)。
また本講座では規定の受講料は設けず、お志を受付にて浄財箱にお入れいただきます。
目黒不動尊へのお布施は、受付で護摩木(300円)をお納めください。
詳細は講座ページをご覧ください。