身体と霊性 2

 

第3回:「〈身〉になる話」

藤田一照×藤本靖×瀧口康道

 

 

(講座概要は近日公開いたします)

 


藤田一照 Fujita Issho

僧侶、曹洞宗国際センター2代所長。1954年、愛媛県新居浜市生まれ。東京大学大学院教育心理学専攻博士課程に在籍中、坐禅に出会い深く傾倒。大学院を中退し、禅道場に入山して得度。その後渡米し、以来17年半にわたってマサチューセッツ州ヴァレー禅堂で坐禅を指導する。2005年に帰国し、現在、神奈川県葉山の「茅山荘」を中心に坐禅の研究、指導にあたっている。著作に『現代坐禅講義:只管打坐への道』『アップデートする仏教』(山下良道との共著)、『禅の教室:坐禅でつかむ仏教の真髄』(伊藤比呂美との共著)、『〈仏教3.0〉を哲学する』(永井均、山下良道との共著)など。

藤本靖 Fujimoto Yasushi

ボディワーカー、身体論者。東京大学経済学部卒業後、政府系国際金融機関で政府開発援助(ODA)の業務に関わる。東京モード学園ファッションスタイリスト学科修了。その後、 東京大学大学院で身体教育学を専攻し、 脳のシステムや心と体の関係について研究。米国Rolf Institute認定ロルファー™。「神経系の自己調整力」に基づく「快適で自由な心と身体になるためのメソッド」を開発。簡単で、効果が高い疲労回復のためのワークが注目され、Google米国本社の研修プログラムでとりあげられる。心身の健康の専門家としてTV・雑誌など掲載多数。 著書に、ベストセラー「『疲れない身体』をいっきに手に入れる本」(講談社)、など。

瀧口康道 Takiguchi Kodo

天台宗瀧泉寺目黒不動尊副住職。仏教に留まらず東洋思想、中国武術・チネイザン・ロミロミなど幅広く学ぶ。 お寺でアップデートする仏教「青空の瞑想・青空へのヨーガ」も開催。 2015年世界的マリンバ奏者のフランソワ・デュボワ氏と瞑想CDを製作し、仏具で参加。 分かりやすく内容が深い法話にも定評がある。


概要

日程  2019年3月2日(土)

時間  13:30~17:00

会場  目黒不動尊(受付・門前の茶屋)

    (東京都目黒区下目黒3-20-26)

      アクセスは不動尊のHPをご覧ください。

 

受講料 

目黒不動尊へのお布施は、受付にて護摩木(300円)をお納めください。

本講座につきましては、規定の受講料は設けません。 受付にてお志を浄財箱にお入れください。

必要経費を差し引いたのち、東北支援として寄付をいたします。


お申込み

お申込みの前に必ず受講規約をお読みください。

メモ: * は入力必須項目です