マゼラン世界周航500周年記念 連続講座
【我々はどこへ行くのか~人類の旅、地球の叡智】

 

第2回:「地球永住計画循環する生命をまなざす
関野吉晴×鶴岡真弓

  

ナビゲーター:彩蘭弥

この星で私たちが暮らし続ける方法を考える「地球永住計画」。関野吉晴さんはこの計画で、循環する思想が大切と語ります。アマゾンからツンドラまで、関野さんが冒険してきた世界各地でのエピソードから、循環する生命のあり方を探ります。


関野吉晴 Sekino Yoshiharu

1949年東京生まれ。一橋大学法学部卒業、横浜市立大学医学部卒業。71年アマゾン全域踏査隊長としてアマゾン川全域を下る。その後25年間に32回、通算10年間以上にわたって、南米への旅を重ねる。93~2002年には、アフリカに誕生した人類がユーラシア大陸を通ってアメリカ大陸にまで拡散していった約5万3千キロの行程を遡行する旅「グレートジャーニー」をおこなう。04~11年には、「新グレートジャーニー 日本列島にやって来た人々」で、「北方ルート」、「南方ルート」、「海のルート」を旅した。武蔵野美術大学名誉教授(人類学)

◆植村直己冒険賞 受賞(1999年)◆旅の文化賞 受賞(2000年)◆国立科学博物館(特別展)「グレートジャーニー・人類の旅 ~この星に、生き残るための物語。~」(2013年)

鶴岡真弓 Tsuruoka Mayumi

芸術文明史家/多摩美術大学美術館館長・芸術人類学研究所所長・名誉教授

ケルト芸術文化史・ユーロ=アジア生命表象研究.1952生.早大大学院修了.アイルランド・ダブリン大学留学

◆主書『ケルト/装飾的思考』『ケルト再生の思想:ハロウィンからの生命循環』『芸術人類学講義(編)』(筑摩書房)『装飾する魂』『ジョイスとケルト世界』『京都異国遺産』(平凡社)『ケルトの想像力』(青土社)『阿修羅のジュエリー』(イーストプレス) ◆訳書『ケルトの神話伝説』(創元社)『ケルトの賢者ドルイド』(講談社)『ケルズの書』(岩波書店&創元社) ◆監修『ケルト事典』『ケルト人』『ケルト文明とローマ帝国』等多数 ◆映画『地球交響曲第一番』で歌姫エンヤと共演。

彩蘭弥 Alaya

日本画家/絵馬アーティスト

展覧会、壁画制作、ライブペイント、本の装丁画などを手掛ける。多摩美術大学卒業後ネパールで仏画師に師事。日本画の技法を基にしながら、アジア各国で得た色彩感覚で仏教の根底にある生命讃歌を描く。
> 公式HPはこちら


概要

日程  12月4日(日)

時間  14:00〜16:30

定員  100

受講料 一般 2500円
    会員
 2000円
    学生 1500円
    学生会員 1000円

オンライン配信のみ

 

※見逃し配信はオンライン参加のお申し込みをされた方全員に対し、講座終了後から数日内に、YouTubeの限定公開のリンクをお送りいたします)


お申し込み
お申込みの前に必ず受講規約をお読みください。

※お申し込み開始までお待ちください