鶴岡真弓ゼミ 2020年3月『芸術人類学:よみがえる根源』(ちくま新書) 刊行記念 講座

 

「ケルトとユーロ=アジア世界:根源の呪力と芸術」(全3回)

 

西はケルト、東は日本。東西1万キロにわたる、
地球最大の大陸と周縁の島々からなる 「ユーロ=アジア世界」。
その「生命循環」信仰と知の【根源】を 、
「ケルト」「シベリア」を起点に 人類史のスパンでよみときます。

 

①「ケルト」のユーロ=アジア性:聖なる動物
②「シベリア」シャーマン図像の呪力
③「ケルト・シベリア・日本」をつなぐ芸術人類学


鶴岡真弓 Tsuruoka Mayumi

芸術文明史家、ケルト芸術文化研究家。多摩美術大学芸術人類学研究所(IAA)所長・芸術学科教授。1952年、茨城県生まれ。早稲田大学大学院修了後、アイルランド、ダブリン大学トリニティ・カレッジ留学。89年、処女作『ケルト/装飾的思考』で、わが国でのケルト文明/芸術理解の火付け役となる。西はアイルランド、東はシベリア・日本列島まで「ユーロ=アジア文明の生命デザイン」を追跡中。著書に『ケルト美術』『装飾する魂』『ケルトと日本』(共編:鎌田東二)『京都異国遺産』『阿修羅のジュエリー』『ケルト 再生の思想』(第6回河合隼雄学芸賞受賞)等多数。NHKテレビ「人間大学」、「極上美の饗宴」、「ユーミンのスーパーウーマン」「チコちゃんに叱られる!」、NHKラジオ「カルチャーラジオ」等出演。ドキュメンタリー映画『地球交響曲第1番』(龍村仁監督)でアイルランドの歌姫エンヤと共演。


概要

日程  第1回:2月29日(土)
    
第2回:3月7日(土)

    第3回:3月21日(

時間  14:00~16:30(開場13:30)
定員  40名

受講料(各回)
    一般:2000円

    会員:1500円

    学生:1000円

    学生会員:500円

    当日会場にてお支払をお願いします。 

会場  自由が丘コンテンツ・ラボ MAP


お申し込み
お申込みの前に必ず受講規約をお読みください。

メモ: * は入力必須項目です