宗教ってなに?
Aug
15
Feb 11

宗教ってなに?

〜人類と世界の根源を求めて (全5回)

現代における宗教の意義が問われて久しく、日本では3.11を機に宗教が社会で果たす役割も変化しています。宗教戦争やテロの局面が激変するいま、改めて世界の宗教の現実を知る道標(みちしるべ)を見つけ出しませんか。そして、宗教の持つ豊かな精神性に目を向け、人類と世界の根源を探って行きます。


6月11日 (土)
 高橋悦堂
「宗教を超えて看取るいのち
~臨床宗教師の試み」


11月12日 (土) 
藤田一照
「仏教3.0~これからの仏教と禅」
※会場変更予定。詳細は後日HPにてお知らせ致します。


12月10日(土)
鶴岡真弓
「ケルトの【再生】信仰と【万霊節】」


1月21日 (土) 
細野晴臣 × 三上敏視
「ぼくの聖地漂流記~天河から環太平洋へ」
要予約・事前振込制
※会場は自由が丘・あおぞら銀行オアシスルーム(自由が丘駅徒歩4分)となります。この講座は、事前申込が必要となります。CONTACTよりお申し込みの上、講座の2-3営業日前までに受講料を指定講座までお振り込みください。振込先についても、CONTACTをご確認ください。当日受付は出来ませんので、ご注意ください。


2月11日(土) 
坂本大三郎
「山伏の知恵と教え〜隠されたヒジリ・山伏の世界」

時間: 14:00 ~ 16:30 講演および質疑応答
場所: 東京自由大学(自由が丘・コンテンツラボ)
※1/21のみ、自由が丘・あおぞら銀行オアシスルームが会場となります。

受講料: [各回] 一般 2500円、会員 2000円、学生 1000円、学生会員500円

参加方法:contactより、希望講座/お名前/ご連絡先/人数/一般・会員・学生・学生会員の別 をお知らせ下さい。

HP:http://www.t-jiyudaigaku.com/
E-mail:jiyudaigaku@nifty.com
ダウンロード.jpeg
書物と地
Aug
15
Nov 26

書物と地

~現代社会を航海する読書の羅針盤(全5回)

「本があったから生き延びられた」――そんな経験をお持ちの方もいらっしゃると思います。多様なメディアが情報を発信し、その価値や正確さがわかりにくくなっている現代。書物のもつ「ちから」を見つめ直し、混沌とした時代をよりよく生きてゆく道を探ります。読書の羅針盤を持って、多彩な講師たちと一緒に現代社会を航海しましょう。
 

5月14日(土)
井村君江×井沼香保里
「妖精と文学~フェアリーランドへの導き」


7月2日(土)
内田樹
「内田流読書論~ぼくは何をどう読んできたか?」
要予約・事前振込制
※会場は自由が丘・あおぞら銀行オアシスルーム(自由が丘駅徒歩4分)となります。この講座は、事前申込が必要となります。CONTACTよりお申し込みの上、講座の2-3営業日前までに受講料を指定講座までお振り込みください。振込先についても、CONTACTをご確認ください。当日受付は出来ませんので、ご注意ください。


9月24日(土)
姜信子×管啓次郎
「旅と物語~アジアとアメリカの辺境を巡って」


10月1日(土)
中村昇×安藤礼二
「思想の森を歩く~西田幾多郎と日本哲学」

 

11月26日(土)
吉増剛造
「古代人からの心性と詩の交錯点
~柳田国男の山人論より」
要予約・事前振込制
※会場は自由が丘・あおぞら銀行オアシスルーム(自由が丘駅徒歩4分)となります。この講座は、事前申込が必要となります。CONTACTよりお申し込みの上、講座の2-3営業日前までに受講料を指定講座までお振り込みください。振込先についても、CONTACTをご確認ください。当日受付は出来ませんので、ご注意ください。

時間: 14:00 ~ 16:30 講演および質疑応答
場所: 東京自由大学(自由が丘・コンテンツラボ)
※7/2・11/26は、自由が丘・あおぞら銀行オアシスルームが会場となります。

受講料: [各回] 一般 2500円、会員 2000円、学生 1000円、学生会員500円

参加方法:あらかじめ東京自由大学のHP、もしくはE-mailかお電話にて、希望講座/お名前/ご連絡先/人数/一般・会員・学生・学生会員の別 をお知らせ下さい。

HP:http://www.t-jiyudaigaku.com/
E-mail:jiyudaigaku@nifty.com