鎌田東二ゼミ

 

「生誕150周年企画 鎌田東二が語る南方熊楠
 〜森の守護者の教え
(全3回)

 

今年、生誕150周年を迎えた南方熊楠。鎌田東二さんは長年にわたって独自の視点から熊楠にアプローチしてきました。今回は和歌山、ロンドン、那智、田辺など熊楠が感知した土地の霊性から話が始まります。そして、海と森の守護者として神社合祀反対運動にかけた情熱、これまで明らかにされてこなかった熊楠のオカルティズム、秘境、身心変容への見識に迫ります。鎌田ゼミでしか聞くことのできない熊楠論に、どうかご期待ください!


鎌田東二  Kamata Toji

宗教哲学者、民俗学者。1951年、徳島県阿南市生まれ。國學院大學大学院文学研究科神道学専攻博士課程修了。NPO法人東京自由大学初代理事長。京都大学こころの未来研究センター教授を経て、現在は上智大学グリーフケア研究所特任教授・放送大学客員教授・京都大学名誉教授。著書に、『神界のフィールドワーク』『聖なる場所の記憶:日本という身体』『宗教と霊性』『ケルトと日本』(鶴岡真弓との共編著)、『神と仏の出逢う国』『聖地感覚』『世直しの思想』『世阿弥:身心変容技法の思想』『講座スピリチュアル学』(企画・編集 全7巻)など。


概要

日程  第1回:2017年12月15日(金)

    第2回:2018年1月12日(金)

    第3回:2018年1月26日(金)
    (※全回定員に達したため締め切りました)

時間  18:30~21:00(開場18:00)
定員  40名

受講料(各回)
    一般:2000円

    会員:1500円

    学生:1000円

    学生会員:500円

    当日会場にてお支払をお願いします。 

会場  自由が丘コンテンツ・ラボ MAP