世直し講座

 

第1回:「半農半X2018〜出版から15年の変化と未来
塩見直紀

 

 『半農半Xという生き方』(ソニー・マガジンズ、2003)が出版されて今年で15年。半農半X(エックス=天職)というコンセプトは、個人のライフスタイルの創造を超えて、地方創生など政策の領域ともなり、最近では人生100年時代の生き方、パラレルキャリア、一人多役時代などともリンクしているようです。台湾、中国、韓国でも出版されて、共感の輪は海を超えてひろがっていますが、世界にひろがった生き方を表現するコンセプトのなかで、日本発、農村発のものは大変めずらしいことかもしれません。コンセプト誕生から今日までを振り返り、半農半Xの可能性、未来を展望します。


塩見直紀  Shiomi Naoki

半農半X研究所代表、福知山公立大学地域経営学部特任准教授、総務省地域力創造アドバイザー。1965年、京都府綾部市生まれ、同市在住。カタログ通販会社フェリシモに約10年に在籍。1999年、33歳を機に故郷の綾部へUターン。2000年、「半農半X研究所」を設立。21世紀の生き方、暮らし方として、「半農半X(エックス=天職)」コンセプトを20年前から提唱。著書に『半農半Xという生き方【決定版】』など。半農半X本は翻訳され、台湾、中国、韓国でも発売され、海外講演もおこなう。若い世代のX応援のために、コンセプトスクールや半農半Xデザインスクール、綾部ローカルビジネスデザイン研究所、スモールビジネス女性起業塾(京都府北部対象)などもおこなう。


概要

日程  7月28日(土)

時間  14:00~16:30
定員  40名

受講料 一般:2500円

    会員:2000円

    学生:1000円

    学生会員:500円

    当日会場にてお支払をお願いします。 

会場  自由が丘コンテンツ・ラボ MAP


お申し込み

お申込みの前に必ず受講規約をお読みください。

メモ: * は入力必須項目です