追悼シンポジウム

「石牟礼道子 死者と魂」

 

本年2月10日、石牟礼道子さんが90歳で逝去されました。詩人、作家、水俣病事件の当事者、「悲嘆(グリーフ)」への寄り添い人など、石牟礼さんのさまざまな側面を検証し、そのたぐいまれなるお仕事を偲び、未来へと受け継いでいきたいと思います。

『苦海浄土―わが水俣病』刊行から半世紀。この間の日本と世界の変貌に危機感を深めつつ、私たちはどのような未来を切り拓くことができるのか、その苦悩と希望を共に見つめていきます。

 


開会の辞 鎌田東二


第一部 講演 13:10〜16:00

遠藤邦夫「水俣病事件と水俣病センター」
吉永理巳子「水俣に生まれて」
金井景子「〈死民〉の名を呼ぶ試み——石牟礼道子『苦海浄土』の語り」
若松英輔「悲しみと祈り——石牟礼道子の詩学」

第二部 シンポジウム「死者と魂」 16:10〜17:20
『花の億土へ』(金大偉監督)ダイジェスト版上映

パネリスト:遠藤邦夫+吉永理巳子+金井景子+若松英輔
司会:島薗進鎌田東二

 

閉会の辞 島薗進

 


遠藤邦夫 Endo Kunio

水俣病センター相思社元常務理事。1949年、岡山県生まれ。多くの職業を経たのち、1987年に自給自足型のフリースクール水俣生活学校(1992年閉校)で学び、その後水俣に定住。水俣病センター相思社職員となる。2003年、相思社常務理事、2015年、理事。現在、株式会社ミナコレ研究員。

吉永理巳子 Yoshinaga Rimiko

水俣市立水俣病資料館語り部、一般社団法人水俣病を語り継ぐ会代表。水俣市明神町生まれ。40代になるまで水俣病患者家族であることを他人に話すことは避けていたが、知り合いに勧められ『水俣の啓示』(色川大吉編)を読んだことがきっかけとなり、チッソの排水が意図的に止められなかったこと、漁民、被害者に対するチッソや行政、国の無責任さに気づく。水俣病患者や支援者による「本願の会」の発足に参加し、石牟礼道子らと水俣湾水銀ヘドロ埋め立て地に魂石を安置。

金井景子 Kanai Keiko

早稲田大学教育・総合科学学術院教授。1957年、大阪生まれ。専門は日本近・現代文学。著書に『真夜中の彼女たち——書く女の近代』(筑摩書房)、論文に「檄文と叙事詩の間に——石牟礼道子『苦海浄土』を読む」(2018・5、「現代思想」)などがある。現在は、水俣での学びを踏まえ、福島県天栄村で地元農家と「天栄村ファームコンソーシアム」を結成し、米の生産にも取り組む。

若松英輔 Wakamatsu Eisuke

批評家・随筆家。東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授。1968年生まれ、2007年「越知保夫とその時代 求道の文学」にて三田文学新人賞、2016年『叡知の詩学 小林秀雄と井筒俊彦』にて西脇順三郎学術賞、2018年『詩集 見えない涙』にて詩歌文学館賞を受賞。著書に『常世の花 石牟礼道子』(亜紀書房)『井筒俊彦 叡知の哲学』(慶應義塾大学出版会)、『イエス伝』(中央公論新社)など多数。

金大偉 Kim Taii

映像作家、ミュージシャン。中国生まれ。来日後、独自の技法と多彩なイマジネーションによって音楽、映像、美術などの世界を統合的に表現。音楽CDに『新・中国紀行』、『念祷 nentou』、映像監督作品に『ロスト マンチュリア サマン』、著書に『光と風のクリエ』など。 

島薗進 Shimazono Susumu

宗教学者。1948年、東京生まれ。1977年、東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。東京大学文学部宗教学宗教史学科教授、同大学院人文社会系研究科教授を経て、現在、上智大学大学院実践宗教学研究科研究科長・特任教授、同グリーフケア研究所所長、同モニュメンタニポニカ所長。著書に『現代救済宗教論』『〈癒す知〉の系譜:科学と宗教のはざま』『スピリチュアリティの興隆:新霊性文化とその周辺』『国家神道と日本人』『日本仏教の社会倫理』『宗教学の名著30』『日本人の死生観を読む』『つくられた放射線「安全」論』『精神世界のゆくえ』『いのちを“つくって”もいいですか』など。 

鎌田東二 Kamata Toji

宗教哲学者、民俗学者。1951年、徳島県阿南市生まれ。國學院大學大学院文学研究科神道学専攻博士課程修了。NPO法人東京自由大学初代理事長。京都大学こころの未来研究センター教授を経て、現在は上智大学グリーフケア研究所特任教授・放送大学客員教授・京都大学名誉教授。著書に、『神界のフィールドワーク』『聖なる場所の記憶:日本という身体』『宗教と霊性』『ケルトと日本』(鶴岡真弓との共編著)、『神と仏の出逢う国』『聖地感覚』『世直しの思想』『世阿弥:身心変容技法の思想』『講座スピリチュアル学』(企画・編集 全7巻)など。


概要

日程  2018年12月23日(日)

時間  13:00~17:30(開場12:00)

受講料 一般:2500円

    上智大学グリーフケア人材養成講座受講生
    :1500円

     東京自由大学会員:1500円

    学生:1000円

    当日会場にてお支払をお願いします。
定員
   500
会場  上智大学四谷キャンパス

    10号館1階講堂  MAP
申込  以下のURLからお願いいたします。

      https://eipo.jp/griefcare/
      ※申込開始日:11月12日(月)10:00〜

主催  上智大学グリーフケア研究所

    NPO法人東京自由大学